スポンサーリンク

【ふるさと納税】国産熟成和牛100%ハンバーグ1.5kg

ふるさと納税

本日は、ふるさと納税で頼んだ「国産熟成和牛100%冷凍ハンバーグ」をご紹介します。

焼肉屋さんの成形時に出てくる端肉を使ったハンバーグとのこと。150g×10個でボリュームもあり、1つ1つ個包装で使いやすそうだったので、購入してみました。

<基本情報>

  • 納税先:大阪府泉佐野市
  • お礼品:国産熟成和牛100%ハンバーグ1.5kg
  • 納付金額:10,000円
  • 賞味期限:加工日より90日
  • 配送種別:クール便(冷凍) ※離島を除く
  • 申込期間:通年

ひき肉は痛むのが早いとよく聞くので、消費期限厳守で使用していますが、冷凍ハンバーグであればストックできますよね。

外装箱には「焼肉問屋いちよし」と記載されていました。

ネットで調べると京都府京田辺市にある焼肉屋さんでした。大阪府にふるさと納税して京都府の商品をもらうことになるとは。。。因みに通販価格は3800円(税込)でした。

中のハンバーグは、5個×2パックになっていました。

大きさは私の手のひらサイズで約13×8cm、厚みは約1.5cmです。我が家で作るハンバーグは1つ200g超で大きめ+厚めなので、カッパさんは1つでは物足りないとボヤきそう(笑)

また、一緒に同封されていたパンフレットに記載されていた「美味しい焼き方」は下記の通りです。

カッパさんへ提供する前に、さっそく練習で1つ焼いてみました。

  1. 冷凍ハンバーグを解凍し、空気を抜きながら形を整え真ん中をくぼませます。
  2. ハンバーグの1/4が浸る程度の油を温め、中火で両面焼き色を付け、蓋をし弱火で3~4分蒸し焼きにします。
  3. 火を切り蓋をしたまま5分蒸らします。上から肉汁が出てきたら出来上がり。(赤っぽい肉汁でしたらもう少し焼いてください)

初めてなので、手順書通りにしようと思ったのですが、解凍の時間を見誤ってしまい、半解凍状態からのスタートとなった為、形を整え真ん中をくぼませる工程が不十分に(笑)

冷蔵庫に入れて6時間程度で解凍できるかと思ったのですが、12時間ほど要るようです。

そして半解凍スタートだった為、生焼けになったらいけないと思い、少し長めに蒸したせいで、表面の焦げが多くなってしまいました。(写真掲載できるようなビジュアルではない為、割愛しました)

ハンバーグの真ん中をへこませる理由は、

①中心部まで熱を通しやすくする為、

②均等に焼くことで柔らかさの違いで発生するヒビ割れを防ぐ為です。

味については、しっかり塩コショウが効いていました。付属ソースが付いてたら良いのに、とも思いましたが、何も付けずに食べれるくらい味が付いています。

今回は焼き過ぎたせいで、肉汁はありまり感じることができなかったので、次回は失敗しないように、しっかり解凍してから焼きたいと思います。

以上、皆様のお役に立てば幸いです。

ブログランキング・にほんブログ村へ